プロフィール

tica

Author:tica
学生時代を京都で過ごして、卒業して地元に戻っても今なお京都がだいすきです!
そんな私のだいすきな京都と写真のブログです。
よろしくお願いします☆
※ただいま海外放浪中なので、京都情報はお休み中です※

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
旅の途中
です!
今はフィンランドからオスロへ行くために空港にいます!

この旅は本当に人に恵まれて、すっごく楽しくて充実した旅になっています♪
あと半分、楽しんできます!!

北極圏




スポンサーサイト
*番外編*ヨーロッパより☆ | 【2006-10-27(Fri) 17:07:45】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
蚤の市
今週でパリから離れます!
今まではネットができる環境だったんですが
この先はネットカフェで日本語サイトが見られるかどうかすら
ちょっとアヤシイ・・・^^;
のでこれがおそらく最後の更新です!

先週の土曜日に、蚤の市に行ってきました☆
まずは近くのヴァンヴへ。ヴァンヴ、いいです!!


なんか日本人(ただ単に私だけ?w)の心をわしづかみにするものが
たっくさんありました♪
  

お店の人も感じのいい人が多くて、値段交渉したりするのも
結構楽しかったです(^-^)

このマダムと娘さんはアンティークの布やリボンを扱うお店の方。
とっても笑顔がステキでサンパなマダムでした☆
 IMG_2524s-.jpg 
いかにも「蚤の市」ってかんじで、見るだけでも十分楽しめる市だなぁと思いましたよ~
また行きたいなぁ。

お次はクリニャンクールの蚤の市へ。
ヴァンヴとクリニャンクールはパリの南と北に離れてるんだけど、
この二つの地域をつなぐバスが走っているので、それで移動です☆
セーヌやルーブル・オペラガルニエを通過するので、
ちょっとした観光バスのようでもあります(笑)
  
区域によって街の雰囲気も変わるのだけど、クリニャンクールに近づくにつれて
だんだん庶民的な雰囲気になってきます。
なんかバスの中で50サンチーム(75円くらい)をせびる若者がいたりして
フランスって失業率高かったよなぁ・・・異民族国家だよなぁ・・・と
しみじみ感じちゃいました。

クリニャンクールは本当に大きな蚤の市で、
テント張りとか露店じゃなくて、普通に建物が建ってます。
ショッピング街みたいな感じで、エリアによって方向性が違うのが
特徴的だなーって思いました。
バス停から蚤の市の会場までは主に黒人さんたちでにぎわうストリートで
なんだかその雰囲気に慣れなくてちょっと怖かったです。
帰りはそうでもなかったけど、もし一人で行ってたらちょっと心細かったかも。

でも会場に入れば全然大丈夫でした(^-^)クリニャンクールは
なんというか・・・趣味で開いてるお店が多そうでした(笑)
商売っ気がないです。普通にしまってたりとか、どこかに
ご飯かしゃべりに行ったと見えて開店休業状態だったりとかするお店が
けっこうありました。ヴァンヴと比べて、のんびりした雰囲気を感じました
  

基本、手芸かアンティークのものが好きなので、写真を撮るのもそういった感じが
多いのでどっちも似たような雰囲気に見えちゃうかも・・・(笑)
  
なんかマニアックなものの取り扱いもあるのはクリニャンクールって感じでした!
クリニャンクールは大きいので(他にもマーケットがいっぱいあります!)
ここ!って狙いを定めて行ったほうがいいな~って思います。

そんなわけで、もしパリで蚤の市に行くなら
ヴァンヴの方が私的にオススメな感じでしたよ☆
☆オマケ☆

ヴァンヴで買ったものの一部です(^-^)

ではではみなさんお元気で!


*番外編*ヨーロッパより☆ | 【2006-10-06(Fri) 22:51:07】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
凱旋門賞
遅ればせながら、行ってきましたよ~凱旋門賞!
って結果が・・・って感じなので、すでに過去の話題になってるような
気がするのですが^^;

日本でもかなり盛り上がってたみたいですね。
ロンシャン競馬場でも多くの日本人やマスコミを見かけましたよ。
この上の写真も、さりげなく目の前にいる人たちは若槻千夏とアンタッチャブルです。

日本の競馬場に行ったことがないので、比較ができないのですが
こちらは元ブルジョアの社交場だった名残で
音楽の演奏があったりセレブっぽい人たちがさまざまな帽子をかぶってたり
兵隊さんの行進があったりして、華やかな雰囲気でしたよ!
  

2階の最前列で見たんですが、けっこう遠い!馬が小さい!
なのでなんだかあんまり写真を撮っても伝わらない感じでした・・・
でもちょっとだけ。

ディープインパクトと武豊。
彼らが登場したときには大きな歓声が沸き起こってましたよ。
その歓声とオッズを見て半端ない期待がかかってるのを実感しました(笑)


そしてレースを終え、戻ってくる姿。
結果は3位と揮わなかったのですが、出入り口に戻るときには
「ありがとーーー!!」という掛け声と拍手が起こってましたよ。

ちなみに賭けは結局ヘタレなので、できませんでした^^;
でも雰囲気だけでも十分楽しめたので満足でしたよ~(^-^)

*番外編*ヨーロッパより☆ | 【2006-10-05(Thu) 18:08:11】 | Trackback:(0) | Comments:(7)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。