プロフィール

tica

Author:tica
学生時代を京都で過ごして、卒業して地元に戻っても今なお京都がだいすきです!
そんな私のだいすきな京都と写真のブログです。
よろしくお願いします☆
※ただいま海外放浪中なので、京都情報はお休み中です※

カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
またまた見ましたよ!よつばのタクシー♪
昨日、嵐山観光の途中で見かけたタクシー。一瞬目を疑いました。

ん?!よ、よつば?!?!

どうも貸切のお客様がお食事中??でちょうど停車してて、
運転手さんが外で待ってたんです。
きゃ~~~!と一気にテンション上がって写真撮らせてもらいました♪
で、嬉しい!と喜んでたら色々よつばネタをお話してくれました(^-^)
運転手さんによるとこのよつばタクシー、ヤサカグループ1370台のうちの
4台しかないそうですよ、やっぱり!
で、今までツートンカラーと、黒とエンジの3台見てることを言うと(3/2のブログ)
「じゃあこれで全部や!」ということです!!
よつばはツートンカラー2台と、黒、エンジの4台だそうですよ!
ツートンカラーのタクシーは会社のマークが違うって。
実際よーく見ると以前のツートンカラーのタクシーとマーク違ってました。
(3/2のブログの2枚目の写真と今日の最初の写真を比べて見るとわかるかも・・・)

よつばタクシーはうわさどおり選ばれた人しか運転できなくて、
この運転手さんは基本的にずっとよつばを運転するらしいです。
なのでいただいた名刺もヤサカグループなのにグループマークがよつば!

やっぱりよつばはタクシー乗り場とかで待ってたりはしないんだって!
だけどずっと流しているのかというと、そうでもなく
ほとんどリピーターの予約の人が多いと言ってました。
「よつばのタクシー」の予約はできないけど、
運転手さん指定での予約はできるってことですね。
一回よつばに乗ると次回も・・・ってなるみたいですよ。
よつばに乗ったからって東京まで乗ってった人もいるらしいです(笑)
16万円だって~きゃー(*_*)

なんか運転手さんの話によると、よつば効果は本当にあるらしい。
去年の秋に、東京の会社の社長さんが1ヶ月、一日4台ずつ貸切にしたそうなんですね。
一日貸切って1台3万円位するらしいので、けっこうな額ですよね・・・
かといってその社長さんの会社はそんなに大企業じゃないらしいんです。
どこかの下請け会社?だとか?
なぜそんな大盤振る舞いをしたのかというと、
それは社長さんがその夏によつばのタクシーに乗った後に
今まで他の下請け会社に回っていたお仕事が
その社長さんの会社に回ってきたそうなんですね。
そんなことは今までありえなかったことだから、これはきっと
よつばのタクシーが幸運を運んできてくれたんだろう!ということで
恩返し的な意味合いがあったそうなんですね~!
他にもこのよつばタクシーが縁で結婚した人が
運転手さんが知ってるだけで3組いるって。
運転手さんにもよつばタクシー運転し始めてからいいことがあったそうですよー
なんかそういうお話をいくつか聞いてたら、
ジンクスだからってバカにできない気がしてきました(笑)

運転手さんも気さくな人で、よつばだけじゃなくてそういう人柄で
リピーターが多いんじゃないかという気もするけど
こうよつばタクシー見て嬉しい!という気分にさせてくれるだけでも
幸せもたらしてくれてますよね~
実際そのあとラッキー♪ってご機嫌だったもん(^-^)

乗車記念のステッカーをくれようとしてくれたのですが、
「いや!それは本当に乗ってもらいます!」と話してたら
運転手さんの携帯電話に直接予約すれば、よつばタクシーに
もれなく乗れるよ、ということで運転手さんが名刺くれました。
これでよつば乗車にリーチです(笑)
でも流しでつかまえて乗れたらほんとにラッキーって感じですよね~




スポンサーサイト
京都のカタチ | 【2006-04-08(Sat) 15:38:01】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。