プロフィール

tica

Author:tica
学生時代を京都で過ごして、卒業して地元に戻っても今なお京都がだいすきです!
そんな私のだいすきな京都と写真のブログです。
よろしくお願いします☆
※ただいま海外放浪中なので、京都情報はお休み中です※

カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ふたつの京都タワー
京都駅から


壁に反射してもういっこ見えますよね?(笑)


写真 | 【2006-02-14(Tue) 19:18:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
京都タワー
京都駅から

京都タワー

ここからの眺めはけっこう好き。
青空だとコントラストがはっきりしてもっといいんだけどな~


写真 | 【2006-02-13(Mon) 19:16:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
京都タワー
京都駅に着いたらまず迎えてくれるのが京都タワー
京都タワー

1964年(昭和39年)に山田守の設計によって建てられた展望塔。
高さ131Mというのは当時の京都の人口だったとか?
タワー内にはホテルのほかに100均や本屋さん、
たしか温泉?大浴場?もあったはず。

その特徴的な形ゆえか、イマイチ京都市民に愛されていなさげ?な印象のこの建物、
私も特に何も思ってなかったんだけど、
な~ぜか京都に行く度行く度必ず撮っちゃうんだな~(^-^;)
アトムと一緒♪  
友達には写真見るたび「またっ?!」と軽く失笑されるほど
あんなとこからこんなとこからしつこく撮ってます(笑)
 
・・・多分すきなんだと思う(^-^;)

京都行く度見るからおなじみの建物なんだけど、
中にはなかなか行かないから、
たまたま本屋さんに行ったら結構人がいてびっくり。
タワーに上ると、(すっごい過去にしか行ったことないけど・・・)
もれなく探偵ナイトスクープでいうところの"パラダイス"(笑)的なところにも
行けて、けっこう楽しかった記憶があるなぁ~(^-^)

京都は高い建物が少ないから、晴れた日や大文字のときは
市内が一望できていいんじゃないかなー
夜景はどうなのかしら('-')?明かりが少ない気がするけど・・・

京都タワーは京都駅の空中径路から眺めるのもいいけど
京都駅の東にある「ぱるるプラザ」のカフェからとか
プラッツ近鉄の屋上からもいい眺め☆
↓プラッツ近鉄の屋上から↓
アンパンマント一緒♪
ここは遊園地みたいなのもあって和むよ♪
デパートの屋上好きなんでお気に入りスポットです(^m^)

ランドマーク | 【2006-02-11(Sat) 19:15:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
京都のこと
はじめまして☆
京都がだいすきです。惹かれてます。
京都が持つあらゆるものがだーいすき(^-^)
でも残念ながら今は京都には住んでいないんです(;_;)
鴨川 清水寺

京都には大学時代に4年間住んでました。
そのころから京都は好きだったし、
大学生活京都で過ごせてよかったなーって今でも思うけど、
でもまだそこまで目覚めてなかったんですよねー
京都の魅力に。
 

それが去年の初めに、突然京都のことが気になって気になって仕方なくなり、
今は京都に行きたい・京都にいたい・できれば京都に住みたいとさえ思うほど
京都ラブ♪
友達には京都狂といわれる始末・・・(笑)
じゃあ住めばいいじゃんって感じだけど、今は事情があって少し難しくて(涙)
なので月に1,2回、時間を作って京都に行っては観光してます(^-^)
 

で、いろんなところに行っては写真とか撮って満足してるんですけど、
このブログで私の知ってる京都をアウトプットできたらなーと思います☆
 

*リアルタイムでない情報もあるかと思うので、金額や内容が
今現在と異なることもあるかと思います。そのあたりはご理解くださいm(_ _)m



はじめに | 【2006-02-10(Fri) 19:11:47】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。