プロフィール

tica

Author:tica
学生時代を京都で過ごして、卒業して地元に戻っても今なお京都がだいすきです!
そんな私のだいすきな京都と写真のブログです。
よろしくお願いします☆
※ただいま海外放浪中なので、京都情報はお休み中です※

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
茶洛
鞍馬口にある茶洛はわらび餅が大人気のお店です。

学生時代にできたこのお店のことは近かったしうわさはずっと聞いてたんですが、
小さい頃から慣れ親しんだわらび餅はスーパーで100円(庶民価格・・・)とかだったんで、
学生の頃はわらびもちに700円払う気がしなかったんですよ^^;
なので、京都を離れて社会人になってから初めて食べました(笑)

大宮(智恵光院)鞍馬口という超ビミョーな場所にありながら
平日でも11時の開店と同時に入れ替わり立ち代りお客さんが出入りします。
お休みの日は行列覚悟ですね(>_<)
夕方ごろ行くとすっかり売り切れてすでにお店を閉めていたりします(涙)


そんな大人気のわらび餅、1箱10個入り700円からです。
お店は小さいので、多分テイクアウトしかできないんじゃないかと思います。


開けてみると・・・

抹茶味とニッキの2種類が半々に入っていて、それぞれ同封されている粉を
食前にかけていただくようになってます。

こーれーが激ウマ!!!
とろけますよ~~~(^-^)ものすごーーくやわらかくて
ふわっとした食感でとけてなくなるんですよ!!
100円のわらび餅ぐらいしか食べたことのない(爆)庶民の私からしたら
わらび餅観が変わるくらいのパワーを持ってます!!
  
けっこう大きめなんだけど、さっぱりしてるので
10個入りだったら2人でぺろりとたべちゃえますよ☆

食べて思い出したんだけど、京都生まれ京都育ちの友達の家に遊びに行ったとき
お母さんがお茶菓子に出してくれたのがここのわらび餅だったんですね。
どこのわらび餅か聞かなかったけど、そのときもすっごくおいしくて感動してたんですよ!
お茶菓子にも大変喜ばれるとおもいます!
でも手づくりで、当日中しか日持ちしないからお土産にはちょっと
難しいかもしれないですね・・・

ただ、本来のわらび餅は蕨粉を使ったもののことを言うらしくて
蕨粉を使ったわらび餅はとても弾力のあるものらしいですよ。
実際蕨粉を使ってるという笹谷伊織のわらび餅は固かったです。
やわらかい食感っていうのはでんぷんを使ってるからなので
正真正銘の「わらび餅」ってことではないみたいです。
でもこのおいしさはぜひぜひ一度味わってほしい!!と思います(^-^)
よーーーく冷やして食べてくださいね☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++
茶洛
住所:北区紫野東藤の森町10-1(智恵光院鞍馬口東入ル)
    堀川と千本の本当に真ん中くらいで、どっちからもかなり歩くので
    北大路(大徳寺)から南下したほうが近いと思います。
 
電話番号:075-431-2005
定休日:木曜日
営業時間:11:00~売切れ次第閉店
++++++++++++++++++++++++++++++++++


スポンサーサイト
和菓子 | 【2006-05-30(Tue) 21:51:56】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
総本家河道屋
昔ながらのお菓子の蕎麦ぼうろです

京都市内で蕎麦ぼうろ売ってるお店はいくつかありますが
総本家河道屋さんでは蕎麦ぼうろを蕎麦ほうるという商標で販売しています。
パッケージの中に蕎麦ほうると紙(↓)が入っていて、こんなことがかかれてますよ。


蕎麦ほうるのこと
『河道屋蕎麦ほうる』は幣舗の中興祖河道屋安兵衛が菓子舗にて
蕎麦を扱っておりました昔を偲びまして 古来家伝の秘法を基とし
その銘「蕎麦ほうる」(ほうるはPole(蘭)Bolo(葡)のなまれるもの)の如く
南蛮菓子の手法を摂って蕎麦に応用し工夫を重ねて製りあげましたものであります
その枯淡風雅な形と味は万人の嗜好に適い茶事接客等に珍重せられ
四季を問わずご贈答に用いられ京銘菓のひとつとして賞賛されております


ということで卵ボーロの蕎麦バージョンですね!
だからといって蕎麦の味はしないですよ(私的に・・・)

この蕎麦ほうる、なにがかわいいってその「枯淡風雅」な形ですよ♪

あらかわいらしい(^-^)
 
このお花?の形と真ん中をくりぬいたときのまあるい形のが入ってます。
この不ぞろいな感じがまたかわいいですね~フォトジェニックだわ~

お味のほうはほんとうに素朴です。
ざくざくした食感がいいですね!ほうじ茶と一緒にいただきたいな~
昔ながらの子どものおやつって感じですね☆

この蕎麦ほうる、デパートやお土産屋さんにも売ってますが本店は姉小路にあります。
昔ながらの町家作りのお店は敷居が高そうで入るのにちょっとためらった^^;

でもお店の人は親切に対応してくれますよ。

気軽に食べられるお茶菓子なので、会社や自分ちのお土産によくしてます。
初めて食べた人でも「懐かしい味がする~」っていいます(笑)

あんまり知らないですけど、これも京銘菓に入るんですかね?
どこにもありそうな気もするけど、こんなお菓子もあるよってことで(^-^)
++++++++++++++++++++++++++++++
総本家河道屋
住所:中京区姉小路御幸町西入る
電話番号:075-221-4907
蕎麦ほうるはネットで買うこともできるようです。
++++++++++++++++++++++++++++++


和菓子 | 【2006-05-11(Thu) 21:42:06】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
あぶりもち
京都の門前の甘味処で、一番知名度が高いのは
あぶり餅じゃないかと思ったりします。
今宮神社の門前にあるんですが、もしかしたら神社よりも有名かも・・・(笑)

今宮神社は大徳寺の北にあります。厄除けの神社だそうですよ。
鞍馬の火祭りと並んで京都三大奇祭の「やすらい祭り」が行われる神社ですね。
名前だけ聞いたことがあって、実際どんなお祭りなのかは知らないですが・・・^^;

で、その東門の参道にあぶり餅のお店が2軒あるんですね。
参道を挟んで建つこの2軒のお店が熾烈な戦い(笑)を繰り広げいています。

この写真見てわかりますか?
閑散期だったこの時期、少し離れた距離で写真を撮ってた私たちを
すでにどちらのお店のおばちゃんも目をつけて、声かけられてるんですよ(笑)
もうね、おばさんたちの誘う声がいたたまれないんですよ。
どっちかに足を運んだときの片方のお店の人のこと考えると・・・(>_<)
小心者なんですよ^^;

あぶり餅というのは、お餅をちいさくちぎって竹串に刺して
炭火であぶったものに、白味噌ベースのたれをからめたものなんですね。
きなこの風味もあったような・・・
(私的解釈なので違ってたらごめんなさい-_-;)

それが15~20本くらい?で1人前500円です。
店先でお餅を炭火であぶってはるので、とってもいいにおいが漂ってますよ(^-^)

熾烈な戦いを繰り広げるw南側のお店は「かざりや」さんです。
上の写真で言うと左側のお店です。

なぜか私はかざりやさんに行っちゃうことが多いんですよ。
左利きだからかな?(笑)
で、こちらが参道の北側にある「一和」さんのあぶり餅。


違いははっきりいってわかりません!(爆)
はしごするなら違いがわかると思うのですが、
時々どっちかのあぶり餅食べてる程度なので
違いのわかる女にはなれないですー^^;ごめんなさい。
でも長年この2軒でどちらもよく賑わっているので、
味は互角で、あとは好みの差なんじゃないかと思います☆

食べた瞬間に口の中で炭火でちょっと焦げた香りときなこの風味が漂うんです(^-^)
そしてあまからーいたれに絡まったお餅がおいしくて、ぺろりと食べちゃいますよ♪
2、3人前くらいは平気で食べられるかも。
どちらのお店も店内が割と広くて、お庭を眺めながら
あぶり餅食べてお茶飲んでほっこりっていうのもいいですね~(^-^)

多分、この参道を通ったときにどちらのお店にも入らないというのは
よほどの決意がないと無理ですよ(笑)
おばちゃんたちの誘惑wと、参道に漂ういいにおいに負けちゃいます。

あぶり餅のファンの方は多いんじゃないかな~私もだいすきです(^-^)
もう千年くらい歴史があるそうなので、これからも変わらず頑張ってほしいですね!
++++++++++++++++++++++++++++++
あぶり餅一和・かざりや
アクセス:市バス205・206系統「船岡山公園」下車徒歩8分
      市バス46系統「今宮神社前」下車すぐ
      今宮神社東門 門前
営業時間:10:00~17:30
定休日:水曜日(水曜が1・15日の時翌木曜が休み)
どちらのお店もテイクアウトもできるみたいですよ。
++++++++++++++++++++++++++++++
:おまけ:
かざりやさんの裏の道で目撃。

竹串を天日干ししてます。
竹串を自家製で作ってるのか、再利用してはるんですね~きっと。


和菓子 | 【2006-05-02(Tue) 22:50:05】 | Trackback:(0) | Comments:(5)
二条若狭屋
二条城のほどちかくにある和菓子屋さんの二条若狭屋さんです。


四季折々のきれいなお茶菓子も出されてますが、
こちらのは「家喜芋」(やきいも)というお菓子が名物とされています。
家喜芋
昔こちらに初めて伺ったとき、それが名物とも知らず
表にある昔ながらの左から読む看板(「芋喜家」)を見て
「いもきや」?と読んでしまってました・・・恥ずかしい・・・(恥)
どうもお芋(長いも)を使った皮のようで、食感がお餅と違って
伸びないんだけど、もちもちしてます(笑)
中身はこしあん・つぶあん・白あんの3種類です。
どれがどれかはわからなくて、食べてみて初めてわかりました。
10個入りのものだと家喜芋の絵柄の入ったおふきんが付いてきますよ。

そして「不老泉」という商品のパッケージがかわいすぎなんですよ♪
不老泉
この小箱は中をいただいた後も捨てられないです(笑)
絵柄ごとに中身が違って、それぞれ善哉、抹茶汁粉、葛湯なんですが
善哉 抹茶汁粉 葛湯
善哉と抹茶汁粉はお湯で溶かすと千鳥が出てきますよ♪かわいずぎ♪

小腹が空いたとき、ちょっと肌寒いときにいただくといいですよ~(^-^)
+++++++++++++++++++++++++++++++
二条若狭屋
住所:京都市中京区二条通小川角
電話番号:075-241-1505
営業時間:8:00~18:00(日曜・祝日は17:00)
定休日:年中無休(年始はお休み)
+++++++++++++++++++++++++++++++

和菓子 | 【2006-04-01(Sat) 21:33:41】 | Trackback:(1) | Comments:(7)
粟餅
今宮神社のあぶりもちや、上賀茂神社のやきもち、下賀茂神社のみたらしなど、
神社の門前にはおいしい甘味処がつきものですね☆
北野天満宮の門前には、「粟餅処 澤屋」があります。

なんでも江戸時代?から続いているらしい!
ここの名物は粟餅です。っていうか粟餅しかありません(笑)
私が行ったときは満席だったけど、次々とお客さんが入れ替わるので
お店の人がずっと忙しそうに手を動かしてました。
何人かで作っているのですが、餅が飛ぶ飛ぶ!(笑)
鮮やかな手つきでしたよ~!職人さんたちの手つきは見ものです!

出てきたお餅がこちら。できたてです♪
粟でできたお餅が餡にくるまれたものと、きなこがかかってるものです。
すーっととけていくような感じなんですね。おいしかったです。
最初一人で5つも食べれるかな?と思ったけど、
ぺろっといただけます☆たしか500円くらい?

北野天満宮といえばこの澤屋さんと、長五郎餅が有名ですね☆

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
粟餅処 澤屋
住所:京都市上京区今小路通御前西入紙屋川町838-7
   とようけ茶屋のちょっと西のほうです
電話番号:075-461-4517
定休日:木曜日・毎月26日
営業時間:9:00~17:00
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

和菓子 | 【2006-03-12(Sun) 20:17:02】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
出町「ふたば」の豆餅
言わずと知れた有名店「出町ふたば」豆餅
 
ふたばは出町商店街の河原町沿いにあります。

出町商店街自体がかなりローカルな商店街(でも活気あります!だいすき)ですが、
地元の方にも人気のお店なので、
平日でも並んでいないときのほうが珍しいくらい、いつも並んでます。
でも店員さんも多いので回転は早く、それほど待ちませんよ☆

豆餅
豆餅はひとつ160円(税込み)です。
これがおいしいんですよ♪
お豆はちょっと塩気があります。そして中の餡はほんのり甘くて、絶妙♪♪♪
最初は塩味がきつく感じていたのですが、
今となってはそれがクセになるんですよね~(^-^)
そしてこのお餅がね、すーっごいやわらかいんですよ♪
私が言うまでもないんですけど、人気なのも納得!

あとは季節によって店頭に並ぶお餅も変わります。
節分前は福豆大福、秋には栗餅、お彼岸にはおはぎ・・・こないだは桜餅が出てました!
春ですね~(^-^)
よもぎもち 豆餅とおはぎ
すぐに豆餅を食べるならお茶を買ってぜひぜひ近くの鴨川へ!!
最高ですよ♪

余談ですが、昨日バスの中で「朝にフライパンに油を引いて、豆餅を軽く温めて
食べるとおいしいえ。2つぺろりと食べてるわ」というお話が聞こえて、
振り向くと明らかに80歳オーバー(うちの80の祖母比)のおばあさまがたが。
豆餅2つってけっこうボリュームあると思うんですが、すごいですねぇ!
お餅がおいしいと絶賛してはりましたよ~
敬老パスを使用して河原町今出川で降りていかはりました☆
昨日はふたばお休みだったんですけどね(^^;


+++++++++++++++++++++++++++++
出町ふたば
住所:京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
電話番号:075-231-1658
定休日:火曜日・第4水曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間:8:30~17:30
+++++++++++++++++++++++++++++
出町商店街の余談です・・・

“出町「ふたば」の豆餅”の続きを読む>>
和菓子 | 【2006-03-08(Wed) 23:16:20】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
神馬堂
下賀茂神社のすぐ目の前にある神馬堂
神馬堂

すごく人気のお店なので、遅がけに行くとすでにお店閉めてたりします(涙)
その場で食べることも、お持ち帰りもできます。

お持ち帰りのときに包んでくれる包装紙がまたかわいいの(^-^)
それがこれ↓お店の名前にちなんで馬が。
包み紙
で、開けると・・・
やきもち
お店では丸い状態で包んでくれたけど、お餅がやわらかいから変形しちゃってます(^-^;)
できたてが一番だけど、冷めてもおいしく食べられます♪
さっぱりとした餡がお上品でいくつでも食べられそう(^-^)
友達は4個一気に食べてたよ。

やきもちと言えば上賀茂神社周辺には葵家総本舗というお店もあります。
こっちはもっと上賀茂神社より。
葵家総本舗やきもち
こちらのやきもちはひとつひとつ包装されてます。

どっちかいうと私は神馬堂のほうが好みだったかなぁ~
でもどちらもおいしいから食べ比べしてみるのもいいかも(^-^)
++++++++++++++++++++++++++++
神馬堂
住所:北区上賀茂御薗口町4
定休日:水曜日・火曜午後
営業時間:7:00~15:00(朝かなり早いですね~笑)
++++++++++++++++++++++++++++


和菓子 | 【2006-02-17(Fri) 19:53:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。