プロフィール

tica

Author:tica
学生時代を京都で過ごして、卒業して地元に戻っても今なお京都がだいすきです!
そんな私のだいすきな京都と写真のブログです。
よろしくお願いします☆
※ただいま海外放浪中なので、京都情報はお休み中です※

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
桜・さくら・サクラ インクライン
地下鉄東西線の蹴上駅をあがったところの桜は見事ですよ!
蹴上
これはインクラインの桜です。※これは去年の写真です※
インクライン(傾斜鉄道)は明治時代に琵琶湖の水を京都に引いた
琵琶湖疏水計画の一部だそうです。
傾斜があるところに船を渡すために線路を引き、台車に船を乗せて
運んだとかで、いまでもここにはレールが残っています。
↓レールと台車↓
 
普段はとっても閑散としてるんですが、そのレールの両脇が桜なので
桜の咲く時期はたくさんの人が訪れる桜の名所となってますね(^-^)


ちょっと近代建築のお話が入ります。
下の写真はインクラインをくぐる「ねじりマンポ」という名前のトンネルです。
 
トンネル内のレンガが斜めになってるんですよ。
ねじれているというか螺旋状というか・・・不思議な感じです。

インクラインを上がりきったところにちょっとした公園があります。
 
ここに船の乗った台車や銅像があります。
銅像はインクラインや琵琶湖疎水の計画をした田辺朔郎さんです。
さらに疎水の脇の小道へ進むと・・・
 

南禅寺の水路閣にたどりつきます。TVなどでもよく見ますよね~(^-^)
水路閣

南禅寺も桜がきれいなので、この時期行きたいお寺のひとつですね!
南禅寺 

インクラインは岡崎の近くの疎水記念館から蹴上方向に向かって
坂になってますが、南禅寺の水路閣からも行くことができます。
南禅寺から行くとインクラインを下ることになるので
そっちのほうが楽かもしれないですね(^-^)

スポンサーサイト
文化施設 | 【2006-04-06(Thu) 22:31:05】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
京都市美術館
今までカテゴリーには入っていませんでしたが、
実はけっこう近代建築が好きです(^-^)
東京に10日ほど行ったときも代官山とか渋谷には足も運ばず
三信ビルやら御茶ノ水・湯島や東大に建物見物に行ってました(笑)
三信ビル 湯島聖堂 安田講堂

戦前のクラシカルな建物や、レンガ造りの建物、
昔の方法で作られた「ゆがみ」のあるガラスとか、
今から見ると「ムダ」に思われそうな装飾を見ると
かなりテンションが上がります(笑)
三信ビル 湯島聖堂 東大

というわけで、京都の近代建築です。
京都は戦争で空襲に遭わなかったので、比較的近代建築が残っているようですね。
こちらは京都市美術館です。岡崎の大鳥居の横に建ってます。


和洋折衷の建物で、昭和8年に竣工してます。
設計は前田健二郎の計画を元に京都市建築課が行ったものです。
愛知県庁と似てますね。お役所が設計に関わるとこうなるんでしょうか・・・
愛知県庁のほうが竣工が遅いのでマネしたんですかね(’ー’)?
愛知県庁

内装はそこまで装飾はないのですが、応接室のドアや天井を見ると
凝ってるなぁ~と思います(^-^)
  天井

こういう場所を見ると、あぁ~いいわぁ~としばらく動けなくなります(笑)

空間と光の使い方がなんともステキです。
床のタイルも年季が入っていて味があります。扉も凝ってますね(^-^)
 

私が京都を好きな理由のひとつには、こういう建物が
たくさん残っているということがあると思います。
当時で言えば最先端の建築を京都の町にどんどん建てていて、
そして今の京都にしっくりなじんでいますよね(^-^)
新しいものも古いものも愛されながら共存する街でいてほしいものです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
京都市美術館
住所:京都市左京区岡崎公園内
アクセス:「京都会館美術館前」下車すぐ
      京阪三条駅から 5・57系統
      阪急四条河原町から 5・32・46・57系統
      JR・近鉄京都駅から 5・100系統
休館日:月曜日
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*今朝は、鶯の鳴き声で目が覚めました。春ですね~(^-^)
 田舎の醍醐味ですよ、これは(笑)・・・と思ってたら春の嵐!
 みなさんからだ冷やして風邪引かないように気をつけてくださいね☆


文化施設 | 【2006-03-28(Tue) 19:13:11】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
無鄰庵
私の中で京都で好きな場所の上位にランクインする無鄰庵です♪

ここは山県有朋が造った別荘で、日露戦争開戦を決めた
無鄰庵会議を行ったことで知られる場所ですね。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」にもちらっと出てきてて、その中で山県有朋は
開戦前のご時勢にお庭に凝ってるちょっと困った人のような扱いをうけてて、
一体どんなお庭やと思ってたら、とってもステキなお庭でした(笑)


お庭は回遊式庭園で、実際に散策することができます。
パンフレットによると山県有朋自身が設計・監督して
小川治兵衛が作庭してます。この人は平安神宮の神苑造った人ですね。
梅や桜などはないのですが、この時期は南天や椿が咲いてます。
秋は紅葉がなかなかきれいですよ(^-^)
 

先ほど梅や桜はないと書きましたが、洋館の2階にはこんな障壁画があります。
ここで会議が開かれたそうですが、見かけは洋館ではなく蔵です(笑)
 

私が無鄰庵を好きなのは、母屋の1階がほぼ開放されていて
ここでお茶がいただけるんですね。
いただかなくても軒先でお庭を眺めながらゆっくりすることができます。
 
南禅寺から平安神宮の間で人通りも多いのに、
ここはなんだかちょっと静かで人も少なくて落ち着きます(^-^)
  

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
無鄰庵
住所:京都市左京区草川町
アクセス:京都駅・四条河原町・三条京阪から5番で「神宮道」下車
開園時間:9:00~16:30
休園日:年末年始
入園料:350円
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

文化施設 | 【2006-03-26(Sun) 20:15:44】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
河合寛次郎記念館
京都の中でも特に大好きな場所・河合寛次郎記念館
河合寛次郎記念館

河合寛次郎が生前過ごしたお家を利用して、彼のいろいろな作品が展示されています。
館内は基本的に写真撮影禁止なのですが、
窓口で申請して、ノートに住所氏名を記入すれば撮影も可能です。

ここはもうほんとに!館内すべてがすばらしい!
実際に寛次郎さんが使用していた椅子などに実際に座ることもでき、
空間自体がとてもステキで、いつまでも居たくなるような愛しい雰囲気なんです。
1階 2階

私が初めてここに訪れたのは春頃だったのだけど、
季節ごとに展示内容が変わるとのことで
そのときなぜか「次は2月!」と心に決めていたので
こないだ再訪しました。相変わらずすばらしかったです。。。
 

河合寛次郎が実際に焼き物を作っていた窯もあります。
 
かたちがかわいいですね(^-^)
そして京都は「うなぎの寝床」というのを実感します。
入り口の間口からは想像もできないほど奥に長い!
お庭
作品はもちろんですが、家屋やその雰囲気がとってもいいんです。
うまく言葉にできないけど、何度も足を運びたくなるとってもステキな場所です。
入場料は少し高めですが、私は納得です。

+++++++++++++++++++++
河合寛次郎記念館
住所:京都市東山区五条坂鐘鋳町
開館時間:午前10時~午後5時
     (入館受付は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
入場料:大人900円
+++++++++++++++++++++

文化施設 | 【2006-02-24(Fri) 20:47:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。